地震の多い日本のこれからを支える太陽光発電パート1

 世界の面積を100%とすると日本の面積はたったの0点25%しかない。しかし、この局所的な場所で起きる地震の数は、世界で起きるそれの約20%もある。このデーターは1990年から2000年の間に日本の気象庁が観測したもので、地震の規模はマグニチュード6以上のものを対象にしている。マグニチュード6クラスになると、道路にひびが入り場所によって地面が隆起したり陥没したりする。すると、道路に刺さっている電柱にも影響があり、当然電線などのインフラも破損することになる。 電気に頼りすぎている現代社会では、それがないと非常に不便な生活を強いられる。たとえば、衣食住である。服を身に着けていれば当然汚れてくる。

シマックス twitter

戦国IXA RMT

seo 東京